犬のマズルコントロールとは?効果や意味、やり方について解説

犬がチョコレートを食べないようにする対策

犬のマズル部分を手でつかんで、しつけをするマズルコントロール。

犬のマズルコントロールについては、専門家の間でも賛否両論あり、「本当に効果があるのか知りたい」という飼い主さんも多いと思います。

 

そこで今回は、犬のマズルコントロールについて特集します。

マズルコントロールの効果や意味について考えるとともに、マズルコントロールの正しいやり方についても確認していきますよ。

犬のマズルコントロールとは?

犬のマズルコントロールとは

犬のマズルとは、鼻から口にかけての部分を指します。

マズルコントロールとは、犬のマズルに触れてしつけをする方法のこと。

もともとは、母犬が生まれてまもない子犬に対し、「私は、あなたより強い」「私は、あなたを守るから安心しなさい」ということを伝えるために、子犬のマズル部分を噛むことから、人間が犬にしつけをする際に応用できないかと考えて、マズルコントロールというしつけ法が誕生したと言われています。

マズルコントロールの目的や効果

犬の歯磨き

マズルコントロールの目的や効果については様々な意見があります。

確認しておきましょう。

「上下関係を理解させる」目的・効果は無し

古くから言われているのが、「犬に、人間のほうが上だという上下関係を分からせる」という目的・効果です。

犬にとってマズルはとても敏感な器官なので、触られるのはとても嫌なもの

犬が嫌がる部分を触ることによって、上下関係を分からせることができるという考え方です。

 

ただ、この考え方には賛否があり、母犬が子犬に対して行うマズルコントロールも、「母犬が子犬に対して、優位性を示すために行っているわけではない」という報告が近年あがってきています。

つまり、人間が犬にマズルコントロールで優位性を示すことも困難であるということです。

口元のケアや治療時のため

しかしながら、マズル部分を触ると嫌がるままで愛犬を放っておくのは、危険。

というのも、歯磨きなどの口元のケアやトリミング、治療などでマズルを触るのを嫌がると、人を噛む恐れがあるからです。

 

現在では、マズルコントロールを飼い主の優位性をはっきりさせるためのしつけとして使うのではなく、単純にマズルを触るのを嫌がらないように「マズルを触るのに慣らす」という方向に変わってきています。

マズルコントロールのメリット・デメリット

それでは、正しいマズルコントロールをした場合のメリットと、飼い主の優位性を示すためにマズルコントロールを行った場合のデメリットをあげておきます。

正しいマズルコントロールで、マズル触られること=幸せに!

犬はマズルコントロールできると幸せ

まず、正しいマズルコントロールを行うことによって、犬は幸せになります。

普段からマズルに触られることに慣れておくことによって、歯磨きも抵抗なくさせてくれるようになりますし、いざ投薬が必要という事態に陥った時にも口を開けてくれるようになります。

また、口を開けて治療が必要になった場合も、抵抗なく口元を触らせてくれるので、より早く楽に治療が進みます

マズルコントロールを体罰として行った場合は、人間不信に!

犬はマズルコントロールで人間不信

例えば、吠える犬をコントロールするためにマズルコントロールを取り入れた場合、犬にとってマズルを捕まれることが嫌でたまらないことになってしまいます。

特に、自宅に迎え入れたばかりの子犬に対して、吠えるからとマズルをおさえつけて睨(にら)みつけたりしたら、もう子犬は飼い主さんに信頼の気持ちを持てなくなります。

 

つまり、人間不信です。

こうなってしまった犬は、かえって問題行動を起こすようになると言われています。

昔からのしつけ法では、「人間と犬との主従関係は大事」「力づくでも主従関係を教え込むべき」という考え方でしたが、現在では人間と犬との間で最も重要なのは、信頼関係であるとされます。

正しい信頼関係のもとに、正しい主従関係が成り立つという考え方です。

いつからマズルコントロールを始めるの?

子犬マズルコントロール

もし、ご自宅に子犬を迎えたばかりなら、すぐにでもマズルコントロールの練習を始めてください。

子犬とじゃれ合うような気持で、楽しくマズルを触る練習をします。

子犬のときの方が、マズルに触られるのに慣れるのも早いと言われています。

 

もし、マズルコントロールをマスターさせたい犬が、すでに成犬になっている場合も、すぐに始めて大丈夫です。

ただし、成犬になっているとマズルを触られるのに強い抵抗感を持っている子もいます。

特に幼い頃、虐待めいたマズルコントロールを受けたことがある犬の場合、人間の手に対して恐怖心を持っていることも。

下記で紹介するマズルコントロールのやり方を参考に、無理をしない範囲でゆっくりとやってみましょう。

マズルコントロールのやり方

ここからは、具体的にマズルコントロールのやり方について考えていきます。

順番に解説していきますので、参考にしてくださいね。

マズルを触ることから始める

犬のマズルコントロールのやり方

まずは、マズルを触ることから始めましょう。

マズルを触られるのを嫌がる犬は多く、おそらくどんな犬でもマズルを触られると抵抗します。

頭をなでるのを嫌がる子は少ないので、まずは頭をなでます

その延長で、軽くマズルにタッチするということを数日間繰り返しましょう。

 

この時、飼い主さんも犬も、できるだけリラックスしていることが大切です。

ちょっと眠くなっているぐらいに犬が落ち着いている時を狙って、飼い主さんの膝(ひざ)の上でウトウトしている犬をなでなでしながら、自然とマズルに触るという流れが理想です。

犬が遊びモードで激しくじゃれついている時は、ガブッとくる可能性がありますので、避けましょう。

頭をなでて、マズルを触ることに慣れてきたら、次の段階に進みます。

マズルを軽くつかむ→徐々に時間を長くする

マズルを軽くつかむ

マズルを触ることに慣れてきたら、次は、いよいよマズルをつかむ段階に進みます。

注意したいのは、思いっきりつかまないこと

「軽い力で」つかむことが大切です。

抵抗せず、落ち着いていられたら、思いっきりほめてあげてくださいね。

 

マズルを軽くつかむことに抵抗がなくなってきたら、徐々につかむ時間を長くしていきます。

目標は30秒!

30秒程度つかんでいることができるようになったら、マズルに触られることに抵抗がなくなっている証拠です。

ここまでで終了しても大丈夫ですが、歯磨きや口内部を抵抗なく見せてくれるようになるまでには、あと一歩前進が必要。

マズルを軽くつかまれることに慣れたら、次の段階に進みます。

マズルを前後左右に動かす&歯に触る

犬のマズルコントロール

マズルを触られることに抵抗がなくなってきたら、いよいよマズルコントロールの完成形に入ります。

マズルを前後左右にゆっくりと動かしてみましょう。

おとなしくマズルコントロールさせてくれたら、思いっきり犬をほめてください。

さらに、犬歯の奥にある歯に触れるようになれば、マズルコントロールはほぼ終了といっても過言ではありません。

さらに、片手で下あごを固定し、もう片方の手で上あごを持ち上げて口を開けさせるというところまでいければ、マズルコントロールは完成です。

 

この段階では、かなりの犬が嫌がる態度を示すと思います。

無理をせず、ゆっくりと進めることと、成功したらほめることを忘れないでくださいね。

マズルコントロールを嫌がる犬にはどうする?

マズルコントロールを嫌がる犬の対処法

上記のマズルコントロールの方法を試しても、どうしても嫌がる犬もいます。

嫌がる犬への対処法を見てみましょう。

犬が触られて嬉しい場所を探す

マズルコントロールを嫌がる時はまず、犬が触られて嬉しい場所を探しましょう

例えば多くの犬の場合、マズルは嫌でも、耳は触られると気持ちいいようです。

また、胸も触られるのが好きという子が多いよう。

耳の中や胸など、その犬が好きな場所を触りながら、リラックスさせ、徐々に頭→マズルへと移動してみましょう。

耳を触りながら、マズルを触るという方法でもいいですね。

ほめ方を見直す

飼い主さんのほめ方が「地味ではないか」も見直してみましょう。

マズルを触ることに成功したら、高い声でハイテンションに喜ぶことを徹底してください。

犬は、飼い主さんが喜んでくれることをするのが大好きです。

飼い主さんを喜ばせようと、頑張ってくれるはず。

トリーツを使う方法

それでもダメなら、トリーツ(おやつ)を使うという方法も。

マズルを触らせてくれたら、ほめながらトリーツを与えます。

ただ、トリーツを使う方法をいつまでも続けるわけにはいきません。

いつかトリーツ無しでもやれるように慣らす必要があります。

マズルコントロールの注意点

犬マズルコントロールの注意点

マズルコントロールを成功させるには、いくつか注意点があります。

確認していきましょう。

体罰として行わないこと

まず大原則として覚えておいて欲しいのは、マズルコントロールを体罰として行わないことです。

例えば「吠えるのをやめさせるため、暴れる犬をおさえこんで、マズルを力いっぱいつかんで、叱りつける」。

これは立派な体罰です。

こんなことをされた犬は、完全に人間不信に陥ります

飼い主さんとの信頼関係は、いつまでたっても築けず、特定の人の言うことしか聞かない犬になってしまいます。

必ずしも完成形までもっていかなくても大丈夫!

上記でお伝えした、「マズルコントロールのやり方」の完成形までもっていけなくても大丈夫です。

歯の奥を触ったり、口を開かせたりするのは、しつけの上級者向けと言えます。

無理やりやろうとしても、犬は嫌がるだけ。

無理やりすることによって、飼い主さんに不信感を抱くようになってしまいます。

 

とりあえず、軽くつかむことまでできればOKと考えましょう。

特に成犬になっている場合は、無理やりマズルコントロールしようとすると、噛まれることもあります。

噛まれると飼い主さんが痛いだけでなく、犬に噛みグセをつけてしまい、まさに逆効果。

マズルコントロールの失敗例の多くは、「かえって噛まれるようになった」というものです。

できる範囲で優しく触れるようにしていきましょう。

マズルコントロールは必要なしつけ?

マズルコントロールは必要なのか

マズルコントロールに関しては、ドッグトレーナーによって「必要」という方と「不要」という方に意見が分かれます。

 

まず、覚えておいていただきたいのは、「犬と人間の間で最も大切なのは主従関係。主従関係を分からせるのにマズルコントロールは必要」と説くドッグトレーナーは、現代では少数派であるということです。

この考え方の場合、マズルコントロールをしつけの際に体罰として使います。

この考え方では、犬との信頼関係を築くのは難しく、犬は特定の人の言うことしか聞かなくなりますし、第一、飼い主さんと犬との関係が幸せとは言い難いものになってしまいます。

 

とはいえ、「マズルコントロールで吠えグセを直したいのに…」と考えて、当サイトを訪れてくれた方も多いと思います。

そういったしつけをするなら、犬が嫌がるマズルを無理やりおさえつけるのではなく、犬の自主性を重視した他の方法でも充分に可能です。

犬にとっても人間にとっても幸せな方法で、しつけをする方法を学んでいきましょう。

 

「犬にマズルコントロールは不要」というトレーナーは、こういった体罰を行うやり方としてのマズルコントロールに反対していることが多いのです。

ただし、主従関係が必要という昔からのマズルコントロールに異を唱えるトレーナーの多くも、「マズルを触ることに慣らす必要性」については認めている方がほとんどです。

マズルに限らず、体の部位どこを触られても大丈夫という犬に育てることは、病気の治療やトリミングなどで必要なことですね。

 

吠えグセを直したいと思っている飼い主さんは、下の記事もおすすめです。

マズルコントロールを習得させてハッピーな犬に!

今回は、犬のマズルコントロールの効果や意味、具体的なやり方について確認していきました。

現在、犬のマズルコントロールは、一昔前とは違った意味を持っています。

無理せず、優しく愛犬にマズルコントロールをマスターさせて、ハッピーな犬に育てましょう!